千利休パイセン

人と人

会話と会話のその隙間


その間に飲み物があるとなんか空気が和んだり

緊張の糸もほぐれていくような

そんなナイス潤滑油的役割を果たしている

それって結構ポイント高いぜ〜

取引先での商談

そこにコップ一杯のコーヒー


彼女の実家へご挨拶

お父さんと僕の間の距離の真ん中にある

湯飲みに入った一杯のお茶

例えばそれが日本酒ならば

さらにお父さんとの距離をグッと縮められそうだ


まあ

そんなわけで

お茶の無い世界は苦しくて苦しくて

やりきれない思いがあったりするんだと思うよ


無茶苦茶


多分

一杯のカップに注がれたそれ

実はみんなの気持ちを大きく揺さぶるような

そんなパワーを秘めてるのかもしれないね


千利休パイセンの時代もそうだったと思うし

実はもっと前の時代でもそうだったんだろうなって


もちろん

今もそうだぜ🍵


ナイスヒューマンスクランブルの潤滑油として情熱ファイヤーですから

Thank you baby☕️

0コメント

  • 1000 / 1000